mainimage_visitor_s

来院される皆さま

広報誌こうとく
検査・診療について

どんな検査なの?

『神経伝達物質』と『脳の栄養』の検査は、血液検査です。
採血量は、1回につき、7cc(ml)程度です。

また、『症状』は刻々と変化しますので、定期的(原則2週間毎)に血液検査をすることで、あなたの『うつ病』のより多くの情報が得られます。もちろんご希望されればご本人に検査結果をお知らせします。
(一般の血液検査の量です。200ml献血の1/30程度)

検査費用は?

『神経伝達物質』と『脳の栄養』の血液検査の料金は、かかりません。
(ただし、通常の診察、投薬の料金は、頂きます。)

ほほえみ(うつ)外来では?

この検査は、ご本人の希望で治療に役立てるために行われますが、その検査結果が、学術的や将来的に重要である場合に は、個人を特定できないように十分配慮した上で、学会や誌上にて報告することがあります。そのため、血液検査をするにあたり社会医療法人公徳会の倫理委員会が定める承諾書を取らせて頂きます。この外来で行う検査の結果が、今までに分かっていることと一致すれば、あなたの治療に役立つ可能性があります。

しかし、すべての方に役立つわけではありません。

ですから、あなたのご希望と担当医師によって専門外来での治療、検査の継続が決定されます。
現在、専門外来は予約制となっておりますので、専門外来診療病院にお問合わせください。

治療と検査スケジュール

『神経伝達物質』と『脳の栄養』の検査は、刻々と変化する症状に対応するため、原則2週間毎に行っていますが、『症状の改善』、御本人の希望や担当医師との相談でその期間が長くなることがあります。

基本的には、受診時(診察を行われるとき)に、採血とうつの症状をチェックします。そして、次回の受診時に、前回の結果を担当医よりお知らせし、治療方法について相談していきます。

受診時間は、初診で1時間、再診で30分(診察:15分、症状チェックおよび採血:15分)程度を予定しております。

治療と検査スケジュール