mainimage_visitor_s

来院される皆さま

広報誌こうとく
うつ病を治すには

うつ病を治すには(薬のはなし)

うつ病」は、「脳細胞の情報伝達がうまくいかないため」に起こるので、『神経伝達物質(脳の指令書)』や『BDNF(脳の栄養)』を増やす必要があります。これら物質を増やすには、『抗うつ薬』 『休養』『ストレスの受け止め方を変える』などがあります。

そのうち、抗うつ薬について、お話しましょう。

『抗うつ薬』の働きとは?

『抗うつ薬』は、減少した『神経伝達物質(脳細胞の指令書)のセロトニンやノルアドレナリン』の量を増やす働きがあり ます。『抗うつ薬』によって、「トランスポーター(再取り込み)」をお休み(阻害)させることで『神経伝達物質』の量を増やします。また、 『抗うつ薬』によって、「『トランスポーター(再取り込み)をお休みさせる』と関係のないところに作用(副作用)することで『副作用』が出てきます。

最近の知見では、うつに対する抗うつ薬の選び方として、下記のように考えられています。

  • 血液のMHPG※の量が多いときには、「SSRI」という種類の抗うつ薬が効く
  • 血液のMHPG※の量が少ないときには、「SNRI」という種類の抗うつ薬が効く
  • 血液のHVA※の量が少ないときには、「スルピリド」という抗うつ薬が効く

つまり、血形成分を調べることで、その方にどんな抗うつ薬が効きやすいのかを知ることができる、ということが言われています。このことからも『血液』を調べることは、1人1人にあった治療をするためにも重要であると考えています。

※MHPG・・ノルアドレナリンの指標となる物質
※HVA・・・ドーパミンの指標となる物質

【三環系抗うつ薬】

最初に開発された抗うつ薬で、成分の化学構造の特徴から三環系(薬の構造に3つ輪っかがある)という名前が付けられて います。これらのくすりは、うつ病の症状を改善する効果が期待できるのですが、その半面脳内の複数の神経伝達物質に作用するため副作用として口渇、便秘な どが現れることもあります。

【四環系抗うつ薬】

三環系抗うつ薬に続いて開発されたくすりで、これも化学構造の特徴から四環系といわれています。うつ病の症状を改善する効果は三環系よりも弱まったのですが、その分副作用の発現が三環系よりも抑えられました。

【SSRI】

選択的セロトニン再取り込み阻害剤 (Selective Serotonin Reuptake Inhibitor) のことで、各単語の頭文字を取ってSSRIと名付けられています。SSRIは近年開発された新しいタイプの抗うつ薬で、世界中で幅広く使用されています。

SSRIはその名前の通り、うつ病の原因となるセロトニン系のみに選択的に作用して、神経終末のセロトニンをある程度 増やすように調整することで、うつ状態を改善するといわれています。従来の抗うつ薬に比べ、必要な受容体のみに選択的に作用するため副作用が少ないとされ ています。

しかし、ひとくちに『SSRI』といっても、図にあるようにこんなにも構造が違うのです。つまり、『SSRI』は、 『セロトニン再取り込み阻害(セロトニンを増やす)』という共通点があるものの、その『SSRI』種類によって、『効き具合(セロトニンを増やす能力)』 『頭(脳)へのしみ具合(移行性)』や『薬の体内で分解してくれる能力(代謝)』などさまざまなことで異なります。

『いい塩梅(あんばい)』というのは、その方その方で、それぞれ異なります。『効き具合』ひとつとっても、『効きすぎる』というのは『強い吐気』と関係あるともいわれておりますし、もちろん『効きめ』がなくては困るわけですし…。

『薬の体内で分解してくれる能力』にしても、『お酒』と一緒で(分解する酵素は違いますが)『SSRI』にも『強い方』『弱い方』がいらっしゃいます。これは、遺伝するもので、遺伝子を調べることで分かります。

『強い方』というのは、普通の方よりも多い量を飲まないと効きにくいでしょうし、逆に『弱い方』というのは、副作用ばかり出てしまうということになってしまいます。

【SNRI】

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor)のことで、各単語の頭文字を取ってSNRIと名付けられています。SNRIはセロトニン系と同様に、ノルアドレナリン系にも作用し、 比較的早期に効果が発現するといわれており、他の薬との相互作用が少なく、副作用が少ない、抗うつ薬とされています。