救急相談窓口
ブログ

ぶどう収穫開始セレモニー

令和元年7月23日(火)にふれあいファームにて今年で10年目となる『ぶどうの収穫開始セレモニー』が執り行われました。
園内でのセレモニーということで暑さの厳しい中でしたが、佐藤忠宏理事長より労いのお言葉を頂き、利用者様は、充実感と達成感で満ち溢れていました。

今年は例年より5日程遅い収穫となりましたが、入院されている患者様をはじめ、公徳会資源をご利用されている方々にもご賞味頂けますようお盆の時期まで各施設に配送を予定しております。
なお、各施設のプログラムの一環として「ぶどう狩り」も実施し、採れたて新鮮な旬の果物と一面に実ったぶどう園を堪能して頂く予定です。

ふれあいファームでは、地元南陽市の遊休農地を有効利用し、特産のぶどう栽培を実施しております。専門知識を持った指導員のもとで、就労支援センターの利用者が作業に取り組んでおります。


病院食形態一覧(佐藤病院、米沢こころの病院)

置賜地区地域医療連携栄養士会(※以下の15病院)に於いて、昨年度転院先での嚥下リハビリが継続できるように公立置賜総合病院の形式を参考としながら、各病院の嚥下訓練食等(ビジュアル版)の食形態一覧を作成しました。
病院食形態一覧はこちら
※小国病院、川西湖山病院、公立置賜総合病院、公立置賜長井病院、公立置賜南陽病院、公立置賜高畠病院、国立病院機構米沢病院、佐藤病院、三友堂病院、三友堂リハビリセンター、白鷹町立病院、舟山病院、吉川記念病院、米沢こころの病院、米沢市立病院、以上15病院


広報誌「こうとく」の最新号Vol.49を掲載致しました。


公徳会創立40周年記念式典開催

7月1日に公徳会は創立40周年を迎え記念式典が開催されました。
式典の中で佐藤理事長が40年の歩みを振り返り、今後の公徳会の進むべき姿について職員に向けて式辞を述べました。また、併せて永年勤続表彰も行われ、勤続40年を迎える職員2名を含め47人が表彰をうけました。
佐藤理事長の式辞は次の通りです。

理事長式辞
「40年前の今日、5人のスタッフと診療所を開設した記念すべき日です。その時のスタッフが現在2名残っています。丹野トータルヘルスクリニック事務長と、長谷川管財課長です。
これまでの40年は私にとってあっという間に過ぎたように思います。この間、毎年、新しい事をやらなかった事がなかったように思います。常に前に向かって良かれと思う事に挑戦してきました。強引すぎる事もありましたが、これらが出来たのは、多くの職員の皆さんが、ついてきてくれて、努力してくれた賜物と感謝します。
精神科医療も福祉も大きな変遷をしてきました。それに乗り遅れる事なく最前線の医療、福祉を実践してきました。急性期から地域復帰を目指し、様々な資源を作り、活用してきました。また老人福祉においても地域のニーズに沿って、施設を充実してきました。
当初から地域の人の精神医療への理解を得るため、皆さんの協力を得て、様々な地域貢献をしてきました。精神病院に対する偏見の払拭に役立っていると思います。
私ども民間病院にとって経営の安定は欠かす事が出来ません。永続的な安定を得るため公共性、公益性の高い民間非営利法人である「社会医療法人」に英断をもって変更しました。それにより経営状態は順調に推移しております。
この度、福祉部門の充実を図るため、ほのぼのケアサービスと併合しました。本日スタッフの皆さんに出席していただいています。今後、当法人の資源と連携して、より付加価値を高めていただきたいと思います。
さて、次なる医療、福祉はどうなるでしょうか?少子高齢化による人口構造の変化、地域の人口の減少は待ったなしに起こってきます。それによって疾病構造も変化して、患者さま、利用者さまの減少は避ける事が出来ません。それを踏まえて当法人はどのように運営していくかが喫緊の課題になります。
これまでに増して法人内連携はきめ細かく、もれなく実施していくことはもちろんですが、患者さま、利用者さまに安心感と満足が得られる対応を、当法人の理念である「愛と思いやりのある医療、福祉」に立ち返って実施して、選ばれる病院、施設、資源になる事が極めて重要になると思われます。そのことが、とりもなおさず企業努力であることを認識すべきです。そして、その結果として職員皆さんの職場に対する満足度につながるものと思います。
いずれにしてもこれからの運営の舵取りは難しい時期に入ります。困難な時期に生き残るためには皆さんの努力と協力は不可欠です。企業の存続と更なる発展のために宜しくお願いします。次なる5年、10年後がさらに充実した法人の姿であることを祈念して40周年記念日の挨拶とします。」


第74回国民体育大会兼第46回東北総合体育大会山形県予選会 結果報告

7月6日(土)~7月7日(日)に米沢市営野球場にて行なわれました第74回国民体育大会兼第46回東北総合体育大会山形県予選会に佐藤病院野球部が出場し、大会7連覇を達成しました。

<準決勝 8時15分~>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ビーチボーイズ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
公徳会佐藤病院 0 0 1 2 0 0 0 3 0 6

<決勝戦 14時40分~>

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
チームアクセル 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3
公徳会佐藤病院 0 0 2 0 1 2 1 0 × 6

今大会の結果により8月24日(土)~8月25日(日)に福島県郡山市で開催される第46回東北総合体育大会へ山形県代表として出場致します。10月に開催される「いきいき茨城ゆめ国体2019」への出場権を獲得できるように精進して参りますので、応援宜しくお願い致します。


「第37回 公徳会夏祭り」


名 称:第37回公徳会夏祭り
主 催:社会医療法人 公徳会
運 営:夏祭り実行委員会 実行委員長 佐藤 忠宏
日 時:平成29年8月3日(土)18:00~  花火打上20:00~(2500発)
※悪天候時、大花火大会は8月6日(月)20:00~
場 所:佐藤病院 外来棟南側職員駐車場(悪天候時 公徳会体育館)
内 容:各種屋台、各種アトラクション、大抽選会、大花火大会 他
目 的:患者さま、利用者さまをはじめ、地域の皆さま及び関係各所の皆さまと交流を
図り、参加された方々全員が心から楽しんで頂くことを目的とするものです。

●敷地内は禁酒・禁煙となりますので、ご理解とご協力をお願い致します。
●一般来場者の駐車場は準備できませんので、悪しからずご了承願います。