カレンダー

2019年4月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のブログ記事

ブログカテゴリー

  • カテゴリーなし

医療

介護

福祉

地域

広報誌こうとく

新年顔合わせ会の開催

平成31年1月4日(金)午前8時より、公徳会の「平成31年新年顔合わせ会」が佐藤病院大会議室において開催されました。佐藤病院を中核とする椚塚各施設のスタッフは元より、若宮病院(山形市)、米沢こころの病院・米沢駅前クリニック(米沢市)のスタッフも参集しての新年顔合わせ会となりました。

最初に、理事長より年頭訓示(以下に掲載)がありました。(理事長都合により常務理事代読)
次に、年男・年女を代表して、若宮病院作業療法室室長 田中 忍さんより決意表明が行われ、「選ばれる病院・施設になるために、それぞれの役割を果たしながら、お互いをリスペクトし合い、フォローして目的に向かっていきたい」と抱負を述べました。

続いて、1月より若宮病院に入職された石井玄樹先生の紹介も行われました。

平成31年 年頭訓示

理事長 佐藤忠宏

 明けましておめでとうございます。
皆さんにとって良い年を迎えられた事と思います。
昨年11月に永田先生、今年から石井先生が入職なさいます。若宮病院に勤務していただきますが法人にとって大きな戦力になる事を期待しております。

 当法人は創立以来40周年を迎えます。昨年度は米沢こころの病院を設立し、以後順調に推移し今年から1病棟がスーパー救急病棟としてスタートします。皆さんの努力に感謝します。
これまでも毎年、皆さんの努力により拡大してきました。
今年は一本調子に拡大を目指すのではなく、これから世界が、医療が、福祉がどんな方向に向かうのか、組織として何をすべきかを考える時期と思います。
決して速度を止めるという意味ではありません。様々な状況に変化に即した対応をするという事です。少子高齢化で人口が地方ほど減少しています。当然ながら患者さんも少なくなります。いずれ老人も少なくなります。現状に満足してとどまっていたら置いて行かれ衰退してしまいます。次の手を常に意識して運営しなければなりません。
このことは事業を見直すという意味だけでなく組織運営についても同じことが言えます。ともするとマンネリ化し、疑問を感じない、変えようとする努力もしない。それが衰退する要因になります。これからは創造的な新しいことを提案する風土を育てていくことが大切です。それがないと組織に貢献しようというモチベーションが生まれません。昨年も同じ事を云いましたが、実現出来ていません。今年こそは本気で取り組みたいと思います。
今年は早い時期に佐藤病院では病院機能評価の受審があります。病院をもう一度見直す事、職員が一体となり取り組むことで帰属意識を高めるチャンスになります。
また法人に対しての外部監査があります。様々な角度から組織を再点検して社会医療法人の原点を再認識する機会にします。
当法人は大変若い人の多い職場です。若い人を育て、成長させる事が組織にとって喫緊の課題です。これから様々な分野で力を発揮できるように考えてきます。是非法人の活力を高めてレベルアップしていただきたいと思います。

平成30年度公徳会佐藤病院野球部 納会

p> 平成30年12月12日に平成30年度公徳会佐藤病院野球部納会が行われました。
 ご臨席を賜りました米沢地区野球連盟様、南陽市野球連盟様をはじめ、各部署長やOB会の皆様と、今年のシーズンを振り返りながら、多くのお話をさせて頂きました。

 平成30年度は、山形県開催の天皇賜杯で800名を超える多くの関係者の皆様に会場までお越し頂き、大声援を送って頂きました。結果として2回戦敗退と満足できる内容ではありませんでしたが、記憶に残るすばらしい大会となりました。改めて、厚く感謝申し上げます。
 また、シーズン最後の大会となった水戸市長旗(東日本大会)では、前年度優勝チーム、天皇賜杯優勝チームを撃破し、4年ぶり2回目のベスト4へ進出することができ、来年度へ繋がる成績を収めることができました。
 最後になりますが、野球連盟の皆様、各関係企業の皆様、地域の皆様、職員の皆様、そして家族。すべての方々の支えの中で、野球ができることに改めて感謝致します。1年間、本当にありがとうございました。そして、来年も公徳会佐藤病院野球部を宜しくお願い致します。

公徳会佐藤病院 野球部一同

地域活動委員会『菊と市民のカーニバル』

 去る11月3日(土)に開催されました『第39回菊と市民のカーニバル』に参加して来ました。くぬぎ荘・かけはしデイケア・とまり木の利用者様、公徳会職員、総勢70名にて参加致しました。天候にも恵まれ、参加者全員が楽しみながら宮内の町を練り歩き、結果昨年に引き続き『敢闘賞』を頂きました。参加していただいたボランティアの皆様ありがとうございました。委員会一同、心より感謝申し上げます。

水戸市長旗第26回東日本軟式野球選手権大会 結果報告

 11月3日~6日に茨城県水戸市で行われました水戸市長旗第26回東日本軟式野球選手権大会に公徳会佐藤病院野球部が出場致しました。
 1回戦、山梨県代表のジット株式会社と対戦し、2-0で勝利。翌2回戦では、山口国体以来の対戦となる前年度優勝の静岡ガスと対戦。2回、ツーアウト2塁のチャンスで7番小林が右中間へのタイムリーツーベースで先制。投手陣も3人で継投し、結果0-1で勝利を収めました。準々決勝では、今年の山形県での天皇賜杯で優勝した千葉県代表の京葉銀行と対戦。3回に先制を許すも、6回にツーアウト満塁のチャンスで3番古澤が走者一掃のタイムリーツーベースを打ち、3点を挙げ逆転。失点後、投手陣も粘り強いピッチングで相手打線を封じ、3-1で勝利。同日行われた準決勝では、愛知県代表のGTRニッセイと対戦しましたが、惜しくも最終回に力尽き準決勝敗退となりました。

11月3日(土)
1回戦 8:30~

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
公徳会佐藤病院 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2
ジット株式会社 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

11月4日(日)
2回戦 8:25~

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
静岡ガス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
公徳会佐藤病院 0 1 0 0 0 0 0 0 × 1

11月5日(月)
準々決勝 8:25~

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
公徳会佐藤病院 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
京葉銀行 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

準決勝 14:55~

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
公徳会佐藤病院 0 2 0 0 1 0 0 0 0 3
GTRニッセイ 0 0 0 2 0 0 0 0 4

 上記結果により、第22回大会以来のベスト4へ進出致しました。
 残念ながら準決勝で敗退となりましたが、強豪が集まるブロックを準決勝まで勝ち上がったことで、大きな自信となり、改めて野球の楽しさを感じた大会となりました。
 今大会を持ちまして、平成30年度の全日程が終了致しました。9月の天皇賜杯では、多くの関係者の皆様、地域の皆様に応援にお越し頂きまして改めて感謝申し上げます。目標にしていた結果には届きませんでしたが、そこでの悔しさ、感謝を胸に挑んだ水戸市長旗では、ベスト4という成績を収めることができました。この成績に満足することなく、来シーズンも大きく飛躍できるように更に精進して参ります。今年1年、沢山のご支援と熱いご声援を頂きまして本当にありがとうございました。今後も公徳会佐藤病院野球部を宜しくお願い致します。

公徳会佐藤病院野球部一同

祝 4連覇!第17回山形県障がい者スポーツ大会バレーボール競技会『優勝』

 9/29(土)に天童市にて第17回山形県障がい者スポーツ大会バレーボール競技会が開催されました。昨年初の3連覇を果たし、4連覇をかけた今大会。9月に新加入した選手もいる中で練習不足や意思疎通の部分で不安を抱えた中での参加でした。
 初戦の相手は1回戦を勝ち上がってきた強豪チームでしたが、得意とするショットで先制点を取るとそこからいいリズムが出来、セットカウント2-0で決勝戦へと駒を進めました。
 決勝戦はサーブでの連続得点で優位な展開となり1セット目を取ることが出来ましたが、続く2セット目では疲労からミスが目立ち終盤まで競った試合展開となりました。しかし集中を切らすことなくチーム一丸となって戦いぬくことが出来、セットカウント2-0で勝利し4連覇を果たすことが出来ました。
 今大会は、日々の練習で大会参加選手全員が揃って練習が出来なかったという不安を抱えたままでの大会参加でしたが、どの出場チームよりもチームワークの良さが光りコート内の選手はもちろん、控え選手もベンチから大きな声援を送り、互いに励まし合う様子が印象的でした。
 次年度、春頃に福島県にて東北大会が開催されます。東北大会では今大会で課題となったことを1つでも克服し、まずは1回戦勝利を目指して日々の練習に励んで行きたいと思います。

① ②
③ ④
⑤

第26回東北軟式野球会長旗争奪軟式野球選手権大会 結果報告

 10月20日(土)~21日(日)に宮城県栗原市にて行なわれました第26回東北軟式野球会長旗争奪軟式野球選手権大会に佐藤病院野球部が出場しました。
 1回戦は、開催地代表の矢本クラブと対戦し、先発した2年目の谷地が相手打線を封じ込め、初完投・初完封にて勝利。翌日の準決勝では、前年度優勝した宮城第一信用金庫と対戦。打っては、6番青木(優)が2安打3打点と相手投手を攻略し、投げては、左投の後藤から右投の後藤と継投し、0封で勝利。決勝戦は、福島県代表の東邦銀行と対戦。決勝戦も高卒2年目の高橋(蓮)が4回をパーフェクトで抑え、打線も小技を絡めながら得点を重ね、結果3-2で2年ぶり8回目の優勝を達成しました。

10月20日(土)
1回戦 13:20~ / 栗原市築館野球場

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
矢本クラブ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
公徳会佐藤病院 2 0 0 0 1 0 2 0 × 5

10月21日(日)
準決勝 8:40~ / 栗原市築館野球場

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
公徳会佐藤病院 2 0 0 0 0 0 0 0 1 3
宮城第一信用金庫 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

決勝 13:50~ / 栗原市築館野球場

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
東邦銀行 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2
公徳会佐藤病院 0 0 1 0 0 0 2 0 × 3

 今シーズン最後の大会となります水戸市長旗第26回東日本軟式野球選手権大会が11月3日(土)~11月6日(火)に茨城県水戸市で開催されます。今年最後の大会で更に飛躍できるよう頑張って参りますので応援宜しくお願い致します。



若宮病院アルコールグループ芋煮会の開催!

 毎年恒例「いも煮会」を10月10日西公園にて行いました。当日は晴天の中、入院・外来患者さまが参加しました。
 今年も里芋の栽培から収穫をみんなで行い、当日は「薪割り」から始め、慣れている人、不慣れな人が協力して美味しい「いも煮」が完成。
 皆で美味しくいただきました。

IMG_1023

若宮病院児童思春期講演会開催の御礼

 平成30年9月13日に山形ビッグウイングにて「発達障害とは何か」をテーマに講演会を開催致しました。
 講師の児童精神科医成重竜一郎先生より幼児から成人にかけた発達に関すること、自閉スペクトラム症やADHDなどの発達障害の特性、発達障害を抱えている方への対応などについて大変分かりやすい講話をいただきました。
 保護者、教育関係者、福祉・医療機関の方など90名を超える方々が参加され、参加者からの質問に対しても丁寧に回答がなされました。
 参加者の方々にいただいたアンケートをもとに次年度も講演会を開催したいと思います。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

CIMG2038 CIMG2041

若宮病院精神科デイケアの新プログラムガイダンスを行いました

 若宮病院精神科デイケアの「新しい取り組み」について、患者様やスタッフを対象に説明会が行われました。活動の様子を動画で紹介した後、「一緒に様々な事にチャレンジして、新しいデイケアを一緒に作り上げていきましょう」とデイケアのスタッフからの説明がありました。
 説明の後には多くの方々がデイケアに移動して、実際のプログラムの様子も見学して頂きました。

(若宮病院精神科デイケアの新プログラムガイダンスを行いました)画像IMG_0994

天皇賜杯第73回全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント 結果報告

 9月7日(金)より開幕しました天皇賜杯第73回全日本軟式野球大会ENEOSトーナメントに山形県代表として佐藤病院野球部が出場しました。7日(金)に行われた開会式では、山形県代表として堂々と行進。当野球部の大泉真央主将が「全国から集まった仲間と、この山形の地で、熱い戦いができること、野球人として、本当に幸せです。支えてくれる関係者の皆様・職場・家族のために、全力でプレーし、感動と、感謝を伝える大会にすることを誓います。」と選手宣誓を行いました。

 翌8日(土)、大会のオープニングゲームとしまして、全日本軟式野球連盟名誉総裁であります高円宮妃久子殿下のご臨席を賜りまして、徳島県代表のキタNDSクラブとの1回戦。試合前には、山形市スポーツセンター野球場(きらやかスタジアム)の3塁側スタンドを各関係企業様、地域の皆様、野球部員のご家族様、公徳会職員で約800名以上の大応援団がスタジアムを埋めつくしました。迫力のある大応援団の声援を受け、1回戦は7対0と勝利しました。9日(日)の2回戦では、鹿児島県代表のJA鹿児島県経済連と対戦しましたが、残念ながら2対4で敗退。

9月8日(土)
1回戦 8:45~ 大会規定 7回7点差コールドゲーム

チーム名 1 2 3 4 5 6 7
公徳会佐藤病院 0 2 3 0 1 0 1 7
キタNDSクラブ 0 0 0 0 0 0 0 0

9月9日(日)
2回戦 8:30~

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
公徳会佐藤病院 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2
JA鹿児島県経済連 0 0 0 0 3 0 1 0 × 4


地元・山形県開催の天皇賜杯で、目標としていた結果を残すことは出来ませんでしたが、各関係企業様、地域の皆様、公徳会職員と一緒に大会を戦うことができ、盛り上げて頂きました。選手宣誓で大泉主将の言葉通り、多くの方の支えの中で、野球ができること、本当に幸せだと感じました。天候が悪い中、ご協力とご声援を送って頂きまして、本当にありがとうございます。野球部部長はじめ野球部員一同、心より感謝申し上げます。

公徳会佐藤病院野球部