カレンダー

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近のブログ記事

ブログカテゴリー

  • カテゴリーなし

医療

介護

福祉

地域

広報誌こうとく
第35回公徳会夏祭り

第33回山形県軟式野球クラス別選手権大会 結果報告

6月3日(土)に酒田市光ヶ丘野球場にて行なわれました第33回山形県軟式野球クラス別選手権大会で佐藤病院野球部が5連覇を達成しました。
 初戦の山形ベースボールクラブ戦では、初回に4点を先制。4回に追加点を加え、5得点。一方、先発した高橋投手が1安打完封と相手打線を封じ、5-0で勝利。
決勝戦は、同じ米沢地区のキングドルフィンと対戦。決勝戦も2回に4点を先制。6回・7回にも追加点をあげ、6得点。投手は、先発した後藤投手がしっかりと試合を作り、栗山投手・高橋投手・谷地投手・佐藤投手と継投。投手陣も含め、全員で決勝戦を戦い、6-1で勝利し、5年連続で佐藤病院野球部が優勝を飾りました。

今大会の結果により平成29年11月3日(金)~11月7日(火)茨城県水戸市で開催される第25回水戸市長旗東日本軟式野球選手権大会への出場権を獲得しました。7月には国体県予選、天皇賜杯県予選が行われます。今後もすべての大会で出場権を獲得できるように頑張って参ります。応援宜しくお願い致します。

6月3日(日)

1回戦 10時10分~

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
山形ベースボールクラブ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
公徳会佐藤病院 4 0 0 1 0 0 0 0 × 5

決勝戦 12時30分~

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
公徳会佐藤病院 0 4 0 0 0 1 1 0 0 6
キングドルフィン 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

写真① 写真② 
写真③ 写真④ 
写真⑤

 

 

バリエンテ山形フットサルチーム、県立こころの医療センターでの交流試合参加

今年度も県立こころの医療センターでのフットサル交流会「神田Cup」に参加してきました。
今回は5月27日に開催され、オーロベッタ鶴岡のほか、職員チーム、一般のチームの5チーム
のリーグ戦を行いました。4位という結果となりましたが、日々の練習で声を掛け合ったり、ゲーム後、修正点をメンバー同士で話し合うなどチームワークも出てきています。
7月には山形市で第2回となるバリエンテ交流大会や上山市でソーシャルフットボール(精神障がい者フットサル)東北大会への出場も予定しています。更なる技術向上、社会進出を目指します。
1 2 
3 4
5

 

若宮病院 児童思春期外来・デイケア棟 増設工事 起工式

平成29年5月15日(月)大安 午前10時30分より起工式が執り行いました。
平成29年9月の完成・オープンを予定しております。
施設概要は下記の通りです。


【施設概要】

建設地:山形県山形市吉原2丁目15番3号
建築物:若宮病院児童思春期外来・デイケア棟
デイケア定員:20名 
開設日時:平成29年9月1日
構造:木造平屋建て
建物積:233.28㎡


-児童・思春期外来-
児童・思春期に特徴的な発達上の問題や障害、広汎性発達障害(自閉症など)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)をはじめ、原則中学生以下のすべての精神神経科領域の障害を対象としております。

CIMG2122 CIMG2134 CIMG2140

平成29年度 公徳会佐藤病院野球部始動式

 4月6日(木)に平成29年度公徳会佐藤病院野球部の始動式が執り行われました。はじめに、熊野大社にて、安全祈願・必勝祈願のご祈祷を行い、ご祈祷後に行われた始動式では、山形県野球連盟様・野球部OBの方々より激励の言葉を頂き、シーズン開幕に向けて、気持ちが高ぶって参りました。
 また、新加入した8名が壇上に上がり、「佐藤病院の力になりたい」と力強く今年の抱負を語り、式の最後には大泉主将から「大きな目標より、まずは目の前の目標をしっかりと達成すること」と堅実ながら熱い決意表明がありました。

s-画像①
s-画像②s-画像③

 いよいよ平成29年度のシーズンが始まります。これまで同様、公徳会職員、家族、地域の方々のご支援とご声援が佐藤病院野球部の力となります。野球に取り組むことができる環境に感謝しながら全力で戦って参りますので、今年も公徳会佐藤病院野球部の応援を宜しくお願い致します。

公徳会佐藤病院野球部一同

<平成29年度 大会日程>

 大会名 会期 開催地
 第33回山形県軟式野球クラス別選手権大会(Aクラス) 6月3日(土) 酒田市
 第72回国民体育大会兼第44回東北総合体育大会山形県予選会 7月1日(土)~2日(日)  鶴岡市
 天皇賜杯第72回全日本軟式野球大会 山形県予選 7月30日(土)~31日(日)  山形市
 国民体育大会東北ブロック兼第44回東北総合体育大会 8月19日(土)~20日(日)  秋田県大館市
 第25回東北軟式野球連盟会長旗争奪軟式野球選手権大会 9月23日(土)~24日(日)  福島県南相馬市
 第72回国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体 10月6日(金)~9日(月)  愛媛県今治市 他
 天皇賜杯第72回全日本軟式野球大会 10月20日(金)~25日(水)  兵庫県尼崎市 他
 水戸市長旗第25回東日本軟式野球選手権大会 11月3日(金)~7日(火)  茨城県水戸市 他

公徳会宮内学童保育施設の入所式開催について

 公徳会宮内学童保育施設入所式が4月3日開催され、今春も新一年生22名をはじめ24名の元気な子供たちが新しく仲間入りをしました。(継続児童45名)
式では、ご来賓を代表して、この春の異動で南陽市立宮内小学校に着任された、淀野秀樹校長先生より、小学校の入学式(4/8)より一足早く、お祝いの言葉を頂きました。その後、新一年生は、保護者と記念撮影とDVD観賞(H28年度学童生活の記録)、保護者の皆さんは入所説明会に参加されました。
 南陽市の要請を受けて平成21年4月にオープンした南陽市で初の民設民営方式の当学童保育施設は、9年目を児童69名(職員:6名)でスタートしました。

平成29年度 新入職員入職式

 今年度の入職式が4月3日、医師1名と35名の新入職員を迎えて行われました。
新年度にあたり、佐藤理事長より「今年6月の“米沢こころの病院”開設に向けてたくさんの皆さんに入職して頂き、しかも優秀なスタッフに入職して頂き大変うれしく思っています。皆さんには、配属された部署に早く慣れることはもちろんですが、他の部署にも関心を持ち組織の中での自分の立つ位置を認識するよう努めてください。治療分野も福祉分野も自分の部署だけでは成り立ちません。チーム医療・福祉の実践が重要と言われているように、自分の組織の中だけではなく社会とのつながりをも知る必要があります。組織内での連携と組織と社会との連携が必要になってきているということです。そのために様々な事に関心を持ち、常に広い視野で世の中を見て感じ取る感性を養っていってださい。そしてそれを自分の仕事に役立ててください。皆さんの今後の成長を期待して歓迎の挨拶とします。」との励ましの言葉がありました。
 これを受けて、新入職員代表の小田朝暉さん(佐藤病院作業療法室)が、「今日より晴れて公徳会の新入職員としてスタートできる喜びを、この上なく光栄に思っています。皆様のご指導、ご助言を頂きながら、先ずは一刻も早く公徳会の当たり前のことが当たり前にできるよう、最大限の努力を続けていきます。」と力強い決意表明をしました。

1 2
3 4
5 6

新年顔合わせ会の開催

平成29年1月4日(水)に、「平成29年新年顔合わせ会」が佐藤病院大会議室において開催されました。佐藤病院を中核とする椚塚各施設のスタッフ、および若宮病院と米沢駅前クリニックのスタッフも参集しての開催となりました。
 最初に、理事長より年頭訓示がありました。次に年男年女を代表して、佐藤病院 医事課 渋谷文義課長より決意表明が行われ、「基本に立ち帰って、小事を疎かにせず、小さな事、簡単な事を確実に繰り返すことが大切と云う意識を常に持ちながら、業務に取り組んでまいります。」との抱負を述べました。

s-DSCF6469 s-DSCF6474

 

平成28年度公徳会佐藤病院野球部 納会

平成28年12月22日に平成28年度公徳会佐藤病院野球部納会が執り行われました。今年のシーズンを振り返りながら、野球連盟の皆様やOB会の皆様と多くのお話をさせて頂きました。1つ1つの言葉を胸に刻み、今年の反省を来年の課題として、全国の頂点を目指すことを改めて決意しました。
 また、冒頭には、野球部部長より新体制の発表もあり、来シーズンへ向けての準備も着々と進んでおります。来年も公徳会佐藤病院野球部への応援を宜しくお願い致します。

s-写真① s-写真②

【平成29年度全国大会開催地】
・天皇賜杯第72回全日本軟式野球大会 兵庫県
・第72回国民体育大会        愛媛県

公徳会教育研修委員会主催の第3回講演会開催について

平成28年11月2日(火)17時より、慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室よりお二人の先生をお招きし、教育研修委員会主催の講演会を開催しました。
 専任講師である岸本泰士郎先生からは「ICTを用いた精神科領域における新時代のアプローチ」について、教授である三村將先生より「これからの認知症診療の方向性」についてご講義頂きました。
 医局の先生方や公徳会職員など、200名を超える参加者となりました。
 岸本先生からは、インターネット回線を用いた遠隔医療を精神科の領域の中でも活用していく取り組みにおいて、現時点での開発状況や実際の症例応用などについてのお話がありました。
 三村先生からは、アルツハイマー型認知症を予防していくには発症する20年前からの予防が大切であり、認知症の早期発見・早期介入、疫学研究から見た認知症への取り組みにおいて智恵と社会とのつながりが大切であることや、超百寿者にみるサクセスフルエイジングなどのお話がありました。
 今後の未来の精神科医療を示唆する内容と、身近な問題である認知症への新たな視点の講義内容に、参加者からも沢山の質問が出され、お二人の先生方からは予定の時間を超えて丁寧な回答を頂きました。
 今後も研修会を通し、公徳会全体で研鑽して行きたいと思います。

s-DSCF6105 s-DSCF6108

s-DSCF6115

s-DSCF6122 s-DSCF6102

公徳会 米沢就労支援センター 竣工修祓式

平成28年10月27日(木)午前10時より、就労継続支援B型事業所となる、公徳会米沢就労支援センターの竣工修祓式を執り行いました。平成28年11月1日にオープンいたします。
 理事長より、米沢市内には知的障がい者の就労支援センターは数か所あるが、診療所と綿密な連携がとれる精神障がい者専門の施設は米沢市では初めてになる。本施設に魂を入れるべく、精神科医療の経験を積んだ職員を配置した。関係諸機関や各部署と連携し、協力と支援のもと、当施設の役割に注力するようにとの訓示がありました。

 米沢就労支援センターは、働く場の提供と知識及び能力向上のために必要な訓練(作業)を行う事業所です。短時間での利用も可能で、各個人毎の個別支援計画書に基づいて、働くことができる喜びを提供します。
(※非雇用型の事業所になります。)

<施設概要>
住 所:米沢市下花沢二丁目134番地7  TEL・FAX 0238-49-7651
地 積:418㎡(約126坪)          面 積:186㎡(約56坪)
構 造:木造2階建て

s-DSCF6069s-DSCF6071

s-DSCF6086 s-DSCF6089