カレンダー

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のブログ記事

ブログカテゴリー

  • カテゴリーなし

医療

介護

福祉

地域

広報誌こうとく

研究情報の公開について(若宮病院)

当院で行っている研究に関してのお知らせです。

当院では下記の研究を実施しております。この研究の対象となることを希望されない場合や、研究に関するお問い合わせがある場合には下記までご連絡ください。なお、研究の対象となることを希望されない場合であっても、以後の診療において不利益が生じることはありません。

研究課題名  発達障害における症候学的特徴に関する調査・研究
研究機関名  社会医療法人公徳会 若宮病院
研究責任者  成重 竜一郎 (児童精神科 医長)
実施予定期間  2019年6月1日~2021年3月31日
目的  自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如・多動症(ADHD)等の
発達障害はそれらの症候学的特徴がまだ十分に分かっておらず、
そのために発達障害を診断することの難しさが問題となっています。
本研究においてはASD、ADHDの症候学的特徴を明らかにし、
それらの診断を行いやすくするための知見を集積することを目的としています。
対象  2010年4月1日~2020年3月31日の期間、若宮病院の
児童思春期外来に初診となった18歳以下の方。
研究の概要  診療記録より愁訴や臨床的特徴に関する情報を収集し、ASD、
ADHDにおける症候学的な特徴を性、年齢等の属性ごとに分析します。
個人情報の取り扱い  氏名・住所・生年月日等、分析に不要かつ個人の特定につながりうる
情報については削除して使用します。研究成果の発表に際しても
個人が特定されるような情報は使用いたしません。
問い合わせ先  電話:023-643-8222
【担当者】佐藤 孝憲

 

若宮病院リハビリテーショングループ作品展6月3日開催!

若宮病院のアルコール依存症リハビリテーショングループWAKAMIYA ALGのロールモザイク画作品展「日々のつみかさねから」展を開催します。
プログラムの参加者による下絵を元に、模造紙を筒状に巻いて顔料で染めた「ピース」を1作品約10万個使い、繊細なグラデーションで、あたたかい風景を表現しています。
会期中は土日曜日も休まず開館しておりますので、ぜひ多数お誘い合わせのうえ、ご来場いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

1.事 業 名: WAKAMIYA ALG(若宮病院リハビリテーショングループ)作品展
「日々のつみかさねから」
2.主 催:やまがた障がい者芸術活動推進センター
社会福祉法人愛泉会 ぎゃらりーら・ら・ら
3.展 示 会 期:6月3日(月)~7月14日(日) 10:00~17:00 無休
4.関連イベント:ギャラリートーク&ワークショップ
「表現が生きる支えになる可能性/ロールモザイク画を体験してみよう」
6月30日(日) 14:00~15:30
ゲスト:渡邉幸二さん(WAKAMIYA ALGサポーター)
田中忍さん(作業療法士)
※ご参加ご希望のかたは、電話、メールにて、お申込みください。
5.会 場:ぎゃらりーら・ら・ら (山形県山形市諏訪町1丁目2-7)
6.入 場 料:無料

URL http://www.aisenkai-koyoen.com/info/lalalaevent/

日々のつみかさねから 表

若宮病院児童思春期講演会開催のご案内

若宮病院の児童精神科医の成重竜一郎医師による講演会を開催します。
当講演会は平成27年度から毎年開催しており、今回は不登校についての内容になります。
児童精神科や不登校に興味をお持ちの方などにお誘いあわせの上、参加いただければ幸いです。

開催日時は次の通りです。
みなさまのご参加をお待ちいたしております。お気軽にお越しください。

【講演内容】 「不登校とその対応」
講師 若宮病院 医長 児童精神科医 成重竜一郎医師
【開催日時】 令和1年8月1日(木)
午後2時~午後4時まで(午後1時15分より受付)
13時30分から「子育て支援講座体験版」を開催します
(なお、「子育て支援講座体験版」は途中からの参加でも構いません)
【 会 場 】  山形ビッグウィング 4階研修室
【参 加 料】  無料
【申込方法】 参加希望の方は「お名前・連絡先」を明記し下記のメールアドレスへ
送付いただくか、下記申込書に記入のうえFAXにてお申し込みください。
送付先 若宮病院 医療福祉相談室 佐藤宛
Mail: child@koutoku.or.jp  FAX: 023-644-1950
【申込締切】 令和1年7月26日(金)
【お問合先】 若宮病院医療福祉相談室 佐藤

講演会チラシR1.8.1

アルコール依存症者家族学習会(グループクラフト)第3クール目開催のご案内

若宮病院では、アルコール依存症者のご家族向けの学習会を開催しております。
「CRAFT(クラフト)」という家族支援プログラムを用いて、これまでのご家族の対応を振り返りながら、新たな対応を一緒に考え、断酒に向かわせる方法を学んでいきます。

昨年度上期に第1クールを、下期に第2クールを開催し、参加者の皆さんと学び合うことができました。

6月より第3クールを開催することが決まりましたので、ご案内させていただきます。詳しい日程等については案内文書をご覧いただき、参加を希望される方は下記連絡先へお申し込みください。
途中の回からでも、希望の回のみの参加でも可能です。途中から参加される方には、前もってこれまでの回の振り返りの時間を設けさせていただきます。
質問したい点等ありましたら、下記連絡先までお気軽にお問合せください。

【対象者】 アルコール依存症の方のご家族
※本人が当院へ通院していなくとも参加可能です
【開催日時】 毎月第1、第3火曜日(月により変動あり) 15時半~16時半
【場所】 若宮病院
【定員】 6名前後
【参加費】 1回の講座につき1080円 (当院初めての方は初回のみ3240円)
【連絡先】 公徳会若宮病院 医療福祉相談室
TEL:023-643-8222(代表)

CRAFT案内(第3クールH31.6.4~)

若宮病院 精神科デイケア 若者グループwakkaより

ピックルボール始めました!
当院作業療法室室長でありピックルボール特別普及委員の田中室長よりご指導頂き、ピックルボールを始めました。ピックルボールとは・・・テニスやバトミントン、卓球の良いところを取り入れたスポーツです。
メンバーの皆さんとピックルボールのコート作りから始め、基本練習をしました。皆さん初めてながらも上達が早く最後にはゲームを楽しみました。活動後には「疲れたけど楽しかった、またやりたい」との声がありました。
今後も毎週木曜日午後にピックルボールを開催します!
若者プログラムに興味のある方、若宮病院精神科デイケアまで是非ご連絡下さい!

IMG_1667a
IMG_1658a
IMG_1635a
IMG_1627a

バリエンテ山形 神田カップ出場!!

バリエンテ山形がこころの医療センター主催の神田カップに令和元年5月1日に参戦してきました。結果は8チーム中7位でしたが惜しい試合もあり健闘しました!
改めてバリエンテ山形の紹介をいたします。
バリエンテ山形は、若宮病院のプログラムから始まり、地域へ飛び出した発足して5年のフットサルチームです。上手い下手関係なく一人一人が支え合うことを第一に考えています。
始動した当初は、バリエンテ山形を応援するサポーターの指導で練習に励んでいましたが、現在はキャプテンを中心に選手達で活動しています。一人一人が主体性を持ち、互いに認め合うことでチームの一員だという気持ちが生まれ「仲間」となっているのです。
そんな中で今回出場した大会では、他チームから「試合を見ていて楽しい」という声が聞こえてきました。選手達の真剣に取り組む姿が、見ている人を魅了しているのだと感じます。だからこそ、バリエンテ山形は選手たちが支え合いながら活動し、病気、障害という枠を越えて地域に飛び出しているのだと思います。そして、それを見ているサポーターの皆さんが応援してくれるのだと思います。たくさんの枠を越えてこの活動が続き、地域と密接に関わることを目指します。

image3
image4
image2
image1

子育て支援講座のご案内

若宮病院では平成28年度から小学生のお子さんを子育てしている保護者を対象にした子育て支援講座を開催しています。
「ほめ方のコツ」「怒りの感情との上手な付き合い方」など全5回の講座内容になっており、毎年5月と10月から毎月講座が開講されています。
当講座は「子どもの成長にワクワクする気持ちが持てるように」「親自身が笑顔で元気になってほしい」「ホッと一息つけるような場、親同士が交流できる場を提供したい」という思いが込められています。

詳細等につきましては当講座のチラシをご覧いただき、参加ご希望の方は事前に申し込みが必要となりますので下記連絡先へお願いします。
ご質問等もありましたらお気軽にご相談ください。
※お子さんに当院受診歴がない方でもご利用いただけます。

【お問い合わせ・申込先】
公徳会若宮病院 医療福祉相談室 担当:佐藤
℡ 023-643-8222(代表
E-mail: child@koutoku.or.jp

ペアレントトレーニングチラシ(H31.5月~分)

平成31年度公徳会佐藤病院野球部 始動式

4月17日(水)に平成31年度公徳会佐藤病院野球部の始動式が執り行われました。昨年同様に、南陽市宮内にあります熊野大社にて、安全祈願・必勝祈願のご祈祷を受けました。ご祈祷後に行われた始動式では、山形県野球連盟様・職員を代表して各部署長・野球部OBの方々にご列席頂きました。冒頭で山形県野球連盟の土田理事長より激励の言葉を頂き、選手それぞれが、シーズン開幕に向けて更に気持ちを高ぶらせていました。
また、今年度より新監督として就任致しました森監督・新たに加入しました新人選手より、それぞれご挨拶を頂き、式の最後には青木新主将から熱い決意表明がありました。

 

 始動式も終え、平成31年度(令和元年)のシーズンが始まります。これまで同様、公徳会職員、家族、地域の方々のご支援とご声援が佐藤病院野球部の力となります。野球に取り組むことができる環境に感謝しながら全力で戦って参りますので、今年も公徳会佐藤病院野球部の応援を宜しくお願い致します。

公徳会佐藤病院野球部一同

<平成31年度(令和元年) 大会日程>

大会名 会期 開催地
第35回山形県軟式野球クラス別選手権大会(Aクラス) 6月8日(土) 鶴岡
第74回国民体育大会兼第46回東北総合体育大会山形県予選会 7月6日(土)~7日(日) 米沢
天皇賜杯第74回全日本軟式野球大会 山形県予選 8月3日(土)~4日(日) 鶴岡
国民体育大会東北ブロック兼第46回東北総合体育大会 8月24日(土)~25日(日) 福島県
天皇賜杯第74回全日本軟式野球大会 9月13日(金)~18日(木) 長野県
第74回国民体育大会 いきいき茨木ゆめ国体 10月4日(土)~7日(月) 茨城県
水戸市長旗第27回東日本軟式野球選手権大会 11月1日(金)~5日(火) 茨木県
スポニチ杯第3回全日本軟式野球大会
*各全国大会優勝チーム
未定 沖縄県
(予定)

平成31年度入職式

平成31年度 入職式

今年度の入職式が4月1日、医師1名と28名の新入職員を迎えて行われました。新年度にあたり、佐藤理事長より「公徳会の医療、福祉、介護に関わる部署は様々あり、多岐に渡っています。皆さんはそれぞれの部署に配属されますが、その部署に慣れることはもちろんですが、全体の組織がどうなっているのかを把握し、理解する事が必要です。特に最近はフィールドが施設内だけでなく地域に広がっています。また、ともすると専門職の多い職場ですので、就職すると専門にどっぷりつかってしまい周囲が見えなくなる恐れがあり、時間がたつと修正できなくなる危険があります。多職種との連携により仕事をすることを心掛けてください。
私ども医療、福祉の分野に関わるものにとって、とりわけ精神科医療は社会性が求められます。
物見高く世の中の様々なことに関心を持ち、様々なことを経験してください。それが必ず仕事に生きてきます。
法人のコンセプトとしてここ何年か「連携」を掲げてきました。組織が大きくなると一層重要になります。地域、部署を超えて交流し、意見を交換し皆さんの創造的な発想を法人の力にしてください。」と励ましの言葉がありました。
これを受けて、新入職員代表の曽我岳史さん(トータルヘルスクリニック精神科第1デイケア科)が「大学で精神に障害を抱えている方々は、まだまだ社会から受け入れられていない部分が多くあり、日常生活においても活動の幅が狭くなっているような現状であることを学びました。そこで、精神保健福祉士として障害を抱えた方々に対し貢献したいと思い、公徳会の職員として、障がい者の方々に笑顔とそして、相手に対する感謝の気持ち、ひたむきな姿勢を持ち続ける覚悟をここに誓います。」と力強い決意表明がありました。

画像1画像2

平成31年 野球教室の開催

平成31年も2か月が過ぎ、公徳会佐藤病院野球部も2月より新体制で活動をスタート致しました。昨年の天皇賜杯では、沢山の職員・関係者の皆様に応援にお越し頂きまして、心より感謝申し上げます。これからも多くの方々に応援して頂けるチームを目指し、新たな目標に向かい精進して参ります。今年も長いシーズンとなりますが、応援宜しくお願い致します。

平成31年の最初の活動として、当野球部主催の野球教室を開催致しました。地元のスポーツ少年団に所属している小学2年生~6年生まで多くの子供たちに参加して頂きました。まだまだ積雪もあり、体育館での野球教室となりましたが、新年度より新規格となる軟式ボールを使いながら、野球の技術だけではなく、野球の楽しさを子供たちに指導することができました。

野球人口が減少していく中で、地元の子供たちに野球を教えることができることに感謝し、今後も野球教室を開催しながら地域の皆様に恩返しができればと思っております。