医療

介護

福祉

地域

広報誌こうとく
第35回公徳会夏祭り

「公徳会訪問看護ステーションの現状や方向性」についての教育研修会開催

 11月18日(水)、全職員対象に「訪問看護ステーション」の研修会を行いました。
 当法人南陽訪問看護ステーションの菊地誠所長より、「公徳会訪問看護ステーションの現状や目指す方向性」について講演をしてもらいました。 訪問看護ステーションの役割や業務内容など、また利用者の地域生活をどのようにサポートしているかについて解りやすい説明がありました。
 またこれまでの利用状況のほか、精神科の専門性を発揮する為に、「ストレングス」と「リカバリー」を大切にするという利用者の方が元来持つ強さに注目し、それを引き出して回復出来るようスタッフが努めているという紹介がありました。
 訪問看護ステーションの役割を理解するとともに、改めて利用者さま主体として大切に関わる重要性を確認できた研修会となりました。
1 2 3