医療

介護

福祉

地域

広報誌こうとく

平成29年度 新入職員入職式

 今年度の入職式が4月3日、医師1名と35名の新入職員を迎えて行われました。
新年度にあたり、佐藤理事長より「今年6月の“米沢こころの病院”開設に向けてたくさんの皆さんに入職して頂き、しかも優秀なスタッフに入職して頂き大変うれしく思っています。皆さんには、配属された部署に早く慣れることはもちろんですが、他の部署にも関心を持ち組織の中での自分の立つ位置を認識するよう努めてください。治療分野も福祉分野も自分の部署だけでは成り立ちません。チーム医療・福祉の実践が重要と言われているように、自分の組織の中だけではなく社会とのつながりをも知る必要があります。組織内での連携と組織と社会との連携が必要になってきているということです。そのために様々な事に関心を持ち、常に広い視野で世の中を見て感じ取る感性を養っていって下さい。そしてそれを自分の仕事に役立ててください。皆さんの今後の成長を期待して歓迎の挨拶とします。」との励ましの言葉がありました。
 これを受けて、新入職員代表の小田朝暉さん(佐藤病院作業療法室)が、「今日より晴れて公徳会の新入職員としてスタートできる喜びを、この上なく光栄に思っています。皆様のご指導、ご助言を頂きながら、先ずは一刻も早く公徳会の当たり前のことが当たり前にできるよう、最大限の努力を続けていきます。」と力強い決意表明をしました。

1 2
3 4
5 6